人気ブログランキング | 話題のタグを見る

田圃に遊ぶ・・・


自然を愛し環境を考える   お兄ちゃんのブログです。
by nanohana-rice
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク集
お気に入りブログ
最新のトラックバック
田圃に遊ぶ・・・ : 教..
from oryzaの環境備忘録
大志を抱いて・・・
from 幸せは目の前に。。。
以前の記事
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

行楽日和

 今夜は趣味の仕事の心なのだ!
 
 当地では天高く秋晴れの日がしばらく続きました。
天気予報では、「明日は行楽日和・お出かけ日和です」という言葉を
よく耳にします。
お天気が良いと、みんな行楽に行くのかなぁ~、お出かけするのかなぁ~
みんなすること無いのかなぁ~っと思ってしまいます。

 こちとらは一年のうち340日は仕事に追われている。お役などいただいて
いるからそれで20日はつぶれる。残りは数日だろう。
米の発送があり、田んぼ仕事がある。畑の草取りや種まき、植え付けに
水やりと、仕事はいくらでもある。行楽は義理で行く時だけ。
作業を仕事と捉えると辛いものが出てくるが、私にとっては趣味と言いえる。
趣味に興じるのだから土日も関係ない。

 先日のこと、会議があって夕方が潰れた。幸いなことに早く終わったので、
帰宅後に作業着に着替え、昼にやり残した仕事を始めた時の嬉しかったこと。
夜なべではあるが、辛いとはこれっぽっちも思わない。
夜道に日は暮れないから、ついつい時間のことを忘れてしまう。

 こんな人生に浸っているから、行楽・お出かけはむしろおっくうになる。
汚れても遠慮のいらない、いつもの作業着を着ているときが一番安心。
遠くに出掛けてもつい周囲の田んぼや畑を見てしまう。
忘れておけばいいものを、我が家の田畑を思い浮かべてしまう。
これを貧乏性というのだ。損な性格だよホント!

 そうでなければ、今でこそ体力が落ちてやらなくなったが、トラクターで
家には帰るのは日付が変わってから・・・なんてことは苦痛でできないよ。
嬉々としてやっていたもんだ。ライバルもいたからなお楽しかった。

 おまけの話をひとつ。
我が家を自分の家と思っている野良猫が一匹います。
これを打っている今は、台所の私の椅子の上で丸~くなっている。
魚も食べるが何といっても肉が好き。チキンのフライが殊の外好きだ。
そして猫様用のカリカリと牛乳。牛乳は私よりたくさん飲んでいる。
おかげでずっしりとしている。その分、ご主人の私は細くなる。

 よくある光景を紹介しよう。
空腹で外から帰ってきたときには声が枯れるほどよくなく。
好きな食べ物がないときには,女房殿は猫のために卵焼きをしてやる。
「卵焼きを作ろうか?」と野良に尋ねている。野良はニャ~ニャ~と
返事をしている。みそ汁の汁を少し入れて、砂糖もちょっぴり入れて、
私が食べてもおいしい卵焼きが出来上がる。お皿に移して扇風機の前で
よく冷ましてやる。その間、野良はずっと足元にスリスリやっている。
これで恩の一つも返さなかったら承知しないからな。
財布を見せては、こんなものが道に落ちていたら咥えて帰るのだぞと
教育しています !(^^)!






 



# by nanohana-rice | 2020-10-18 00:27

準備してます

 刈り取りの準備をゆっくりと進めています。
穂を手にとってよく観ると、青い粒が多いようです。
遠目には黄色で心がはやるのですが、慌てる乞食はもらいが少ない。
今こそ粒の厚さが太ってきています。長さと幅はとっくに出来上がっています。
米粒に厚みができないとくず米になってしまいます。

 そんなわけで、慌てず急がず、マイペースで準備をしています。
乾燥機から出る排じんパイプ、排風ダクト、集塵器はこれから設置。
農事用電気がまだ接続されていないから掃除もできません。
籾摺り機から伸びる籾殻排出スパイラル管も高架で設置しますが、まだまだ。

 さる関係者から聞いた話です。
ある農家が刈ったはよいが、あまりの水分にたまげてしまった。
共同乾燥設備に持参したが、水分が多いから乾燥代が高くなるという。
米価も下がったので、手元にいくら残るか?
肥料や農薬代を差し引かれると、小遣いぐらいしか残らないそうな。
農家はいつの時代も叩かれることになっているらしい。



# by nanohana-rice | 2020-10-14 22:59

200ℓホームタンク

 我が家の乾燥機へ供給する灯油のタンクのお話です。

 40石乾燥機(籾にして5反分)の脇には、100ℓ近い灯油タンクがそれぞれ
付いています。液面計が下がったら、ドラム缶から一旦20ℓポリタンク
に入れ、それを乾燥機のタンクに入れます。長年これをやって来ました。
二つのタンクが少なくなると、満タンにするのは重労働に近くなります。
それも夕方に点火するころと決まっています。

 そこで考えました。別にそんなに考えなくてもいいのだが・・・・
それぞれのタンクを200ℓのホームタンクに変えることに決定。
灯油給湯器の外などでよく見かけるやつです。

 200ℓあれば3バッチぐらいは乾燥できそうです。
少なくなったらタンクローリーから給油してもらえばいい。
緊急の場合はポリタンクがあるし、現在使っている100ℓタンクを小さい
パレットに乗せておき、フォークリフトでホームタンクに入れればいい。
現場では何が起きるかわからないから、いざに備えていろいろ準備しておこう。
こんなこと考えるのが最高に楽しいのだ。

 10年近くも前に、高知県四万十市へ稲作りのお話に何度も足を運びました。
その時のメンバーが遠路はるばるおいでになりました。
いや~~、懐かしい顔だった。旧交を温めました。
当時2ヘク耕作していた人が、今では15ヘクにもなっていました。
稲作りから撤退する人からの依頼もありますが、耕作放棄地を開墾すれば
いくらでもあるんだって。
当時、高い土手の上から見渡すと、向こうの山のふもとまで葦原だった。
耕作放棄地が延々と連なる光景には圧倒され、悲しい景色でした。
当時の画像ですが載せます。
200ℓホームタンク_f0197297_23071060.jpg
200ℓホームタンク_f0197297_23081611.jpg
200ℓホームタンク_f0197297_23173640.jpg
 手前はナイフモアーで葦チップにしたところ。ご覧のように田んぼの中は
イノシシか狸でないと歩くことはできないほど凄まじい。
葦というより細めの竹と言ったほうが正しい。草丈は4mを超す。
当時の記事にも載せていますが、新しい訪問者もいらっしゃるだろうから
見ていただきました。
我もこの荒れ地に挑戦してみよう!と思われる農家がおられたら、今でも
受け入れてもらえると思います。





# by nanohana-rice | 2020-10-07 23:25

盗られたんだって!

 サツマイモとピーナッツを掘り盗られたと、少し前に書きました。
多くの人に話して、意識を高めてもらおうと、今でも伝えています。
無論、お巡りさんにも来てもらいました。

 な、なんと、ご近所のピーナッツも盗まれたらしい。
「我が家のピーナッツも4株やられた!」本人から聞きました。
残りがまだ畑にあるから、味をしめて再度来るかもしれない。
深夜に頬かむりして盗んでいるのだろうね。

 困ったことがもう一つ。
どうやら、幼い子供の仕業らしい。現場を押さえていないから口にできない。
田んぼの水口を開けていたのが閉まっている。
反対に閉めたはずが開いていた。
地下水を抜く暗渠の水閘が知らぬ間に開けてある。反対に閉めてあった。
複数の農家がやられている。
自転車に乗った近所の子供がウロウロしているのはみんな見ているが、
手を出して悪さをしている現場を押さえることができない。
親にひと言言わねばなるまいとは言っていた。

 水道の悪さもする。戸外の水道を全開にして去ってゆく。
気が付くのが遅かったらひどいことになる。
こうなると留守の家に上がって蛇口の開けっ放しもしかねない。
もし火遊びを知ったら大変なことになる。
なんとか大事にならぬうちに手を打たねばと思う。
世の中には親が逆切れというのもあるからねぇ~~


# by nanohana-rice | 2020-10-04 21:36

清米する2

 米をきれいにする第2弾です。

 石抜き機の中には、振動で石を抜く仕組みと、送風してハヌカやら塵を
飛ばす装置があります。
全体は鉄のケーシングに収まり、飛ばされたハヌカは外部には出ずに、下部の
箱に溜まるようになっている。しかし、軽いハヌカはおとなしく箱に落ち着か
ない。そこで無い知恵を絞って考えたのが、収集袋の設置です。

 風の当たる部分に75ミリほどの穴を2個明けました。
ケーシングにジグソーでがりがりと・・・もう後には戻れない。
外側に75ミリのVU塩ビエルボを取り付け、小さな目の袋を被せました。
袋は台所の流しで使うパンスト地の水切り袋です。
この袋の中にうまいことハヌカが溜まってくれれば良いのだが・・・・・

 もう一つは最後のグレーダーの上部にあるプラスチックのサービスタンク。
このタンクに飛び込んできた玄米から、吸引してハヌカを取ろうという算段。
吸引するには送風機がいる。家庭の台所で使う換気扇の大き目を買い、箱の
中で回せば吸引することができるはず。
送風側へはそれなりに風を送るのだから、同じ量の空気を吸ってくれるはず。
サービスタンクに大きな穴をあけて蛇腹パイプで吸ってみた。
吸っていないとは言わないが、中の蚊も吸い出さないだろう。その程度だ。
回転羽の軸と並行して風が通る軸流ファンはこの程度らしい。

 失意のうちに考えたのが、ブロワに使っているシロッコファンだ。
配管のやり替えやファンの固定、一番の手間はサービスタンクに明けた穴だ。
ブリキ板でいちど塞ぎ、その板に必要な丸穴をあけ、吸引ホースを差し込む
円筒を取り付けた。かなりの力で吸ってくれる。
台所用の換気扇は1万ちょい。シロッコファンはこれの数倍。
最初からこれにしておきゃ良かったものを。回り道してお金もかかった。
わが人生みたいだ。くねくねしているけど、歩んだ道は一本だけだ。

 工事はこれだけでは終わらない。吸引したハヌカは捕集するか、室外へ
排出しなければ、作業場の環境が悪くなる。
排出側のホースは、窓を開けて出せば済むってもんじゃない。
雨が降り込んだらどうする?
30センチほどの幅の板を加工し、窓枠に収まるようにする。
窓ガラスをずらしてこの板がはめ込まれているようなものです。
この板に100ミリ塩ビパイプを差し込み、外側にエルボを付けた。
塩ビパイプに排出側のホースを差し込めば、雨が降っても大丈夫。

 デジカメの画像がパソコンに取り込めない。どこか違っているのだろう。
私の作業には関係ないから、あまり悩まないことにする。
夜も更けたので見直しなし。






# by nanohana-rice | 2020-10-04 00:35