人気ブログランキング | 話題のタグを見る

田圃に遊ぶ・・・


自然を愛し環境を考える   お兄ちゃんのブログです。
by nanohana-rice
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク集
お気に入りブログ
最新のトラックバック
田圃に遊ぶ・・・ : 教..
from oryzaの環境備忘録
大志を抱いて・・・
from 幸せは目の前に。。。
以前の記事
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

への字稲作ー6

 井原氏は硫安を勧めました。
戦後の農業近代化の中で、稲つくりに硫安使えと大声で言ったのは氏が初めてなのでは?
そのもうひとつ以前は、過燐酸石灰と塩カリと硫安だった。
この三つを混ぜれば3要素そろった肥料ができる。探せば売ってます。

 稲つくりに3要素が揃った化成肥料を使うのは、金持ち農家が多いわが国だけのはず。
東南アジアの米どころでは、硫安しか使わない。
アメリカでは液体窒素を飛行機で振り撒くとも聞いているが・・・
ほんまかいな?
どこも窒素単肥で米を作っているんだよ。
なぜわが国ではできないのだろう?
指導体制と農家を相手にしている諸団体のご都合だろう。

 シャーレに脱脂綿を入れ、純水を入れて稲を作ったとする。
全くの無肥料の状態だから、窒素だけ、窒素とリン酸・・・などの
水準を設けて稲を作れば、どれが欠けても生育は劣るだろう。
研究論文には、稲には3要素がないと育たないと記述されるだろう。
私もこれに口を挟むつもりは毛頭ない。いや、頭にはまだ毛はあるで・・・

 カリ(元素記号 K)はどんな土地にでも含まれている。
すくなくとも、わが国ではどこに生えている草であろうと、干して焼けばカリ肥料になる。
草は大地から吸収している。大気から吸っているというのなら教えてくれ。
すなわち、土はカリをふんだんに含んでいる。山の頂上でも、造成地でもだ。

 ましてやわが国の田んぼ、農家は3要素を毎年入れてきた。
毎年カリを7~10㎏は入れさされているはず。計算すればすぐ出る。
ワラを持ち出す事もなくなってきた。籾殻にどれだけのカリが含まれているというのだ。
入れたカリはほとんど田んぼに残っている。なのに毎年入れている。
それにだ、土壌はマイナスに荷電している。カリはプラスイオン。
それもイオン以外の形では存在しないくらいイオン化しやすい。
土にくっ付いてどこにも逃げてゆかないのがカリ。
そんなわけで、カリを入れてきたあなた、あなたの一生分のカリは田んぼにあるから。

 リン酸も大事だという。アルミニウムや鉄があるとくっ付いて不可給態と言って、
根が吸収できなくなる・・・と言う。
確かに間違いはない、畑ではね。
水田は水を張ると還元状態。ここから若干化学の世界を勉強します。

 鉄は畑では3価という形だ。(ひとつの鉄の分子が3個のプラス電荷を持っている)
この状態ではリン(元素記号P)をくわえて離さない。だから根は吸えないのだ。
還元状態になると、プラス電荷をひとつ離して2価になる。これは水に溶ける。
この時に稲が欲しいリンを放出する。
まとめると、水田状態にすると、死んだ状態のリンが生きてくると言うこと。
これが水田のすばらしいところだ。
稲の根は酸(主にカルボン酸)を出して鉄と結合させて(これをキレートという)
それを吸収する。ついでにリン酸も吸える。
実はこの鉄、人間の脳みそ内で思考回路におおきく働くのだ。
脳内の鉄が不足すると、思考回路が正常に働かなくなる。

 話がそれた。
リン酸はマイナスイオンだから流亡しやすい。
しかし、鉄やカルシウムと結合したり有機物体内に吸収されて有機態(フィチン)で残る。
山の木々の葉もリン酸を含んでいる。
落ち葉からはリン酸が溶け出して水に含まれる。
水田に水を入れるだけで、かなりのリン酸が補給できている。
稲一生のうちに反当1200トンもの水を使うらしい。
これだけでリン酸はかなりあるぞ。

 川の汚れの原因は窒素とリンだと言われている。
赤潮や湖のアオコはリンが大きく関与している。
そんな生活排水の混ざった川から取水すると、有り余るリン酸が供給できる。
うちの田んぼはそんな水ではありませんだって?
山の裾野ならよけいにリン酸が多いし、下流は下流でまた多い。
それに人の田んぼから流亡したリン酸も流れ込む。

 ま、そんなわけで、3要素だとやかましく言う人もいるが、
窒素以外は入れなくても稲は困らない。
だから長年硫安だけ振っていても米は遜色なく取れる。
私が20年間硫安オンリーで米取ってきた理由がここにある。
硫安には稲の欲しがる硫酸(硫黄)を含んでいるからこれも役立つ。
なのに、硫酸アンモニア ― アンモニア = 硫酸 という根拠から
硫安不使用運動みたいなことに日本はなっている。
化成肥料のほうが儲けがいいからね。
 
 硫安にこだわることもない。尿素でも構わない。
窒素が濃いから振るのに技術がいる。少なくて済むからラクでいい。
尿素は私もよく使った。でも硫安のほうが粒が大きいからやりやすい。
と言うことで、45日前には安心して硫安を振ってくれればいい。
誰に遠慮することもないぞ。
『硫安なんか振っているっ!』 と言って必ずけちを付けるオヤジもいるぞ。
これでもあなた、まだ化成肥料が使いたい?ゼニあるんだねぇ・・・

 硫安使うと米の味が落ちると言う話もある。味の落ちる理由がある。
疲れたからこの話は今度だ。ほんとは関係ねぇんだよ。

by nanohana-rice | 2010-07-10 01:04
<< 嵐の前 1本植え >>