人気ブログランキング | 話題のタグを見る

田圃に遊ぶ・・・


自然を愛し環境を考える   お兄ちゃんのブログです。
by nanohana-rice
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク集
お気に入りブログ
最新のトラックバック
田圃に遊ぶ・・・ : 教..
from oryzaの環境備忘録
大志を抱いて・・・
from 幸せは目の前に。。。
以前の記事
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

への字稲作ー5

 待ちに待った出穂45日前、やっと来ましたよ。
ここで振らねばいつ振れる。ワシが振らねば誰が振る。
田中、デンチュー先生みたい。タナカとちゃうで!!

 待ちに待った硫安のドカン肥は焼酎呑んで振るといいらしい。
酔拳肥振りの術だ。ここで恐れては茎数が不足する。
硫安でなくても構わん。去年の残り肥があればそれでもいい。
生育中期に一番元気になりさえすればへの字稲作。

 硫安は窒素含有が高くて安くて即効性だし、時が来れば肥効が
落ちてくる。
15%窒素で、20kg3000円の化成肥料と、21%窒素の
硫安20㎏800円とでは、窒素1㎏当たりの価格はどんなに違うか。
計算できないようだったら百姓やめろ。
こんな計算も人任せにして、いわれる通りをやってきた証拠。
儲からん百姓やってきた証拠だ。
自立する農家はこのくらいの計算はやって欲しい。

 硫安の理由はそんなところだが、なんで窒素単肥だけでいいのか。
硫安には稲の喜ぶ硫酸も含まれている。
窒素・リン酸・カリ・・・の三要素ばかり言うが、稲は他にも欲しがっている。
苦土(マグネシウム)・硫黄・石灰(カルシウム)の三つだ。
合わせて6要素で話をしないと片手落ちになる。

 硫安という単肥だけで20年、立派に米は取れた。
実際にやってきた私を素直に信じれる人は幸せだ。付いて来なさい・・・
西洋の教祖みたいだね。
 この単肥論は次回にゆっくりお話しする。

 今日お見せしたいのは出穂45日前の私の稲の姿だ。
への字稲作ー5_f0197297_2217086.jpg

これ一枚しかないのです・・・・スマン

 この稲はへの字稲作元祖の井原 豊氏が自ら交配育種した品種です。
朝日を母親に、コシヒカリを父親に持つ 『旭風』という稲です。
例年8月21日ごろが出穂時期です。さかのぼって今が45日前あたりです。
 ドカン肥を振る無肥料出発の稲では、ここまでの茎数はないでしょう。
最近土用並みの暑さが続いているから、緑肥の肥効も早いようです。
だから無肥料出発の稲はこれより茎数が少ないと思ってください。
 株によるとピローンと長い葉が出ています。
この葉は第10葉もしくは第11葉です。
この長い葉が出る頃、8葉・9葉から太い分けつが出ます。
太い分けつ=太い茎→大きな穂 このために施肥は45日前まで待つんじゃ。
 私の稲はポット苗を、坪33株植えにし、一株は2~3本植え。
疎植・細植え、そして苗にとって浅く植えさえすればこの姿になります。
私が何かの技術でこんな稲にしたのではないですよ。
あんたの稲がこれと同じような姿をしていたら合格です。
井原氏の写真集にもこれと同じような写真があるはず。
本のはもっとさびしいってか?
だからさっき言ったでしょうに。私のは緑肥がすでに効いているんだって。

 焼酎飲んで振る前に、必ず茎数を数えること。
目標とする本数の5~6割だったらドカンと振ればいい。
7・8割もあったら前年の窒素が残っていた証拠。
こんな稲にドカンと振ったら秋まで待たずにこけてしまう。
どんなに振りたくてもここは我慢だ。
もう1ヶ月して色がさめるようなら穂肥を振ってやれば稲も家族も喜ぶ。
反対に3~4割の茎数しかなかったら、これぞ焼酎の出番。
思いっきり振ってやれ。
「こかすのが怖くて稲つくりやってられるかってんだ」ってな調子でね。

 ドカン前の茎数計測、必ずするように。しない人はあっち行って。。。
さて、今宵も更けたようなのでこのあたりで。
今夜はにごり酒です。それも高いやつ。うまいねぇ~~
次回は硫安にこだわってみよう。

by nanohana-rice | 2010-07-08 22:50
<< 1本植え ヒゲ面カブトエビ特集 >>